自分が実は一番成長出来てたりして・・・子育て

育てられる立場から育てる立場へ

結婚して親から独立するこの時点で育てられる立場からの卒業を意味するように思いませんか?自分が家庭を持ち、親になるかもしれない自分が初めて親になり子供を育てていく。最初は何も分からないことだらけ、そりゃそうですよね、親になんてなったことないんですもの。それが子供という存在が出来ることによって、自分が主体になってこの小さな命を世の中に適応できるように育てていかなければならないのです。自分が親にしてもらったように、そこからが新しい役回りのスタートになります。

子育てをしながら自分が成長

何もかも初めてだらけ不安すぎてどうしようもないけれど、子供にとっては自分が親、あなたが頼りなのです!そこであたふたしても仕方がない、そういった時に落ち着いた姿でやりすごす仕草だけでも出来れば大したものだと思いませんか?何しろ初めてだらけ、でも冷静なふりをするフリが出来るだけ「子供に不安を与えないように対処出来た自分」になるわけです。そうやって冷静な気持ちを養っていったりする事で冷静な判断が出来るようにもなるのではないでしょうか。

子供は親の背中を見て育つ

親が一生懸命な姿を見せていれば、きっと子供たちはその姿をしっかりと見て心に刻むはずです。そうやって私たちも大きくなっていったのですから。親だって間違える事も失敗することもあります。でも、一生懸命子供のために親の立場で何かを掴もうとする姿は子供から見ても成長する親の姿であり、また自分たちも成長していかなければいけない、という反面教師にもなったりするように思えます。子供は親に成長させてもらい、そして親も子供によって成長していく親子の絶妙なバランスですね!

おむつケーキとは、赤ちゃん用おむつをケーキのようにデコレーションした物です。出産祝いなどのプレゼントとして贈られます。


ブライダルフェアでおさえておきたい3つのポイント

確認しておきたいことは事前にリストアップ

ブライダルフェアへの参加は結婚が決まった人にとっては、一番楽しい時間ですね。自分たちだけでなく、家族や友達など招待する人たちの笑顔も楽しみに選びたいですよね。しかし、本当に結婚式を考えている人にとって、ブライダルフェアは一番大事なポイントです。どんな式場の雰囲気が良いのか、予算はどれぐらいか、料理はどんなタイプのものが良いのか、ぜひ取り入れたいイベントの実施は可能かなど、実際の式場を見て、何を確認するのか事前にリストアップしておくとスムーズです。

手ぶらで行くのはNG!

式場を見に行くだけだから、と手ぶらで参加するのは控えましょう。ブライダルフェアに行って、その場で「ここだ!」と決定するカップルはそういなく、一旦帰ってじっくり考えてから、式場を決定するのが一般的です。そのため、確認した事やおすすめポイント、式場の写真などきちんと残しておかないと、帰ったあと式場を検討するための材料がなく、困ることになります。また、パンフレットや見積りについての資料などももらえますので、カバンは必要です。最低限でも携帯電話とカバンは持っておきましょう。

料理の試食会には必ず参加しておきたい

ブライダルフェアでぜひ参加しておきたいのが、料理の試食会です。その式場によっては、お金がかかることなく試食が出来る場合があります。有名ホテルやレストラン、聞くとおいしそうなイメージですが、やはり食事は実際に食べてみないと、印象が違う場合があります。招待客が一番印象に残るのは料理と言われることもありますので、力を入れて選びたいという人も多いはず。フェアの中に試食がある場合は、ぜひ参加して自分の舌で料理を確認するのがおすすめです。

ブライダルフェアは披露宴での料理の試食やドレスの試着も出来るので、結婚を決めたカップルは式場を選ぶ際に行くべきイベントです。


憧れのシチュエーションでプロポーズされたい!

定番のプロポーズシチュエーションとは?

プロポーズ、それは男性が恋人である女性に思いを伝える為に行う一生に一度の大舞台です。どんなシチュエーションで、どんな言葉をかければ女性はOKしてくれるのかと思い悩む男性は多いと思います。定番なのは、彼女の誕生日や交際記念日、クリスマスなど2人で祝うイベントの時に婚約指輪を渡してプロポーズをすることでしょう。女性としては、それでも十分嬉しいものですが、やっぱりロマンチックな方が思い出に残るものです。一生に一度ですから、男性も気合を入れて臨みたいものです。

女性の思い描く憧れのプロポーズって?

「結婚したいな」と思う女性は誰でも理想のプロポーズシチュエーションがあるものだと思いますが、どんなシチュエーションが人気なのでしょうか?やっぱり、人気なのはやはりロマンチックなものです。夜景の見えるレストランや、イルミネーションのきれいなところでプロポーズされるのは定番ですが、最近ではフラッシュモブや友人の協力を得てプロポーズ動画を作成する人も増えています。プロポーズには心が大切ですが、やっぱり思い出に残るシチュエーションは大切です。

派手なプロポーズはちょっと気を付けて!

思い出に残るプロポーズは大切ですが、行き過ぎてしまうとどうしても彼女との温度差が出てしまいなんだかちょっと変な空気になってしまう可能性もあります。テーマパークで不特定多数の人を前にプロポーズする男性もいますが、その場合女性としては「考える時間が無い」「断れない雰囲気」と少々困ってしまう人もいるようです。思い出に残す為にと派手なプロポーズをするのもいいですが、一番に彼女のことを考えて伝えなければいけません。

工夫をしたプロポーズをすると印象に残るのでとても喜んでもらえます。自分の気持ちを伝えることが大切ですがシチュエーションなどもちゃんと考えるといいです。雰囲気作りも大切ですしただ単に思いを伝えるよりも色々と考えた方が上手くいきます。婚約指輪もしっかりと準備をして完璧な雰囲気を作ることで成功をしやすくなります。