上手に息抜きして仕事を乗り切る!単身赴任先での過ごし方

その地域ならではの施設に行ってみる

単身赴任と言うのは、慣れ親しんだ街を離れて、生活の拠点がガラリと変わりますから、寂しい思いをすることもあります。独り身であればまだしも、普段、家族と住んでいるような人であれば尚更です。そんな状況においても仕事を頑張っていくためには、上手に息抜きをすることが大切です。やりたいことをやるのが一番ですが、特にないようであれば、せっかくですから、公園や美術館など、その地域にしかない施設を回ってみると、新鮮で面白いものです。

食べ歩きをして楽しむ

食べ物と言うのは、地域ごとに特色があるものです。海の幸が優れている地域や山の幸や果物が有名な地域など、色々とあり、その土地自慢の一品を食べてみるというのも楽しいものです。単身赴任を良い機会と捉えて、日本全国どこにでもあるようなチェーン店に行くのではなく、その地域に根付いたお店を回って、初めての味を楽しむのも良いでしょう。そして、食べ歩きのブログなどを書いて、元気に過ごしていることを地元の知人に情報発信してみるのも楽しみ方の一つです。

カルチャースクールに通ってみる

一人で過ごす場合、読書やDVD鑑賞など、色々と方法はありますが、いずれ地元に戻ることを考えた場合には、なるべく物を増やしたくないところです。ですから、電子書籍やインターネットカフェを利用すると言うのも一つの手ですが、ここでも、その地域ならではの娯楽を楽しむと言う考え方を取り入れてみても良いでしょう。その一つが、カルチャースクールの利用です。その地域で活躍する講師の人の所に通って、何か一芸身につけてみることで、人生の幅が広がって面白味が出るものです。

単身赴任の家具は、近年のマンスリーマンションやウィークリーマンションは既に家具が備え付けられている事も多いですので、実際に引っ越ししてから必要となった家具を買うのが引っ越しも楽に済みます。

一人暮らしの家電を検索

0円で!お金を使わない「ひとり時間」の楽しみ方

慣れてきた道をゆっくりお散歩してみる

新生活にもそろそろ慣れてきたころ。お花見に、キャンプに、バーベキューに・・・4月は新しい仲間と過ごす時間が多く、実は出費がかさんでいる人が多数。その分、5月はゆったり自分のペースで楽しみましょう。まずは、お散歩なんていかがでしょうか?あなたがこの春から新しい土地に引っ越してきたのならなおさら。ゆっくり歩くと、今まで知らなかったお店に出会えたり、花の香りを感じたり、細い抜け道を発見したり、まだまだ新しいものにたくさん出会えるはず。

図書館の自分だけの居場所を見つける

静かで知的にひとり時間を過ごしたいときは、図書館にいってみましょう。図書館は、きれいな言葉と絵と写真がたくさん集まっている「ひとり時間」には最適なスポット。図書館の中でもより落ち着ける、「自分の場所」まで見つけられたら最高。少し奥まった席、下の人たちが見下ろせる二階の席、お気に入りの書架の近く・・・お気に入りポイントは人によって違うでしょう。柔らかい気持ちになりたいときは、子供向けの絵本コーナーもおすすめですよ。

ボランティア活動に参加してみる

スポーツも、手芸も、料理も、趣味を始めようと思うと多少なりともお金がかかるもの。少し視点を変えて、「だれかのためにひとり時間を使う」というのはいかがでしょう?例えば、小中学生に勉強を教えるボランティアをしたら、子供の気持ちが理解できるようになったり、人に教えるスキルがつきます。介護のボランティアをしたら、ご年配の方々とお話する中で、昔から伝わる知恵や生き方のアドバイスをいただけるかもしれません。だれかのために使った時間の中で、自分に返ってくるものも多いかもしれませんね。

家具の家電のレンタルは、単身赴任生活中の方や学生など必要な期間が決まっている場合などにレンタルをすることができるので、買うよりも安く使うことができます。

家具のレンタルはこちら
家具のリースを検索

女の子の憧れ!結婚式ってどうやってするの?

会場選びってどうやってするの?

プロポーズされて婚約を済ませたら、いよいよ結婚式の準備がスタートします。まずは一番大事な会場選び!最近ではインターネットでたくさんの会場を検索することができます。でもやっぱり実際に目で見て確かめないとダメですよね?そこでお勧めなのが、ブライダルフェアの活用です。ブライダルフェアに参加すると、実際の披露宴の料理の試食ができたり、契約特典で様々な割引がついたりとかなりお得です!お金がかからない、でも豪華なデートができますよ!色々なフェアに参加してみて、ここって決めたところで、「別の会場の方が安かったんですけど」なんて言ってみるのも有りかも!

会場が決まったら、いよいよ本格的な準備!

結婚式ってとにかく準備するものがたくさん!あとで後悔しないように、プランナーさんと納得いくまで話し合っておきましょう。まず初めは何と言ってもドレス選びです。これが決まらないと、会場作りができないんです!とくに洋装にするのか、和装にするのかは家族とも話してもめないようにしないと後で大変なことになります。あと、招待状の宛て名書きやプロフィールムービーなど、自分でできそうな人はやった方がいいですね。お金がばかにならないので。

いよいよ本番!そうなの?結婚式!

親を交えての式のリハーサルってもちろん、当日にあるんです。「えー!そんなん覚えられないよ」って思うかもしれませんが、細かいことは気にしない!忘れちゃったって、式をリードして教えてくれる人がちゃんといます。あとは、誓約書へのサイン!漢字で書くのか、ローマ字で書くのかは2人で話し合っておかないといけません。披露宴もあっという間に時間が過ぎていきます。写真ってどこで撮られているか分からないので、常に笑顔で!あとから写真を見返した時に、すごい顔って笑われないようにしたいものです。

群馬県の中部から南西に位置している高崎市は、群馬県内では最大の人口を有している都市で、都心部にはオフィスビルや商業施設が多くあります。群馬県の結婚式場なら高崎の結婚式場に良い結婚式場が多くあります。