自分が実は一番成長出来てたりして・・・子育て

育てられる立場から育てる立場へ

結婚して親から独立するこの時点で育てられる立場からの卒業を意味するように思いませんか?自分が家庭を持ち、親になるかもしれない自分が初めて親になり子供を育てていく。最初は何も分からないことだらけ、そりゃそうですよね、親になんてなったことないんですもの。それが子供という存在が出来ることによって、自分が主体になってこの小さな命を世の中に適応できるように育てていかなければならないのです。自分が親にしてもらったように、そこからが新しい役回りのスタートになります。

子育てをしながら自分が成長

何もかも初めてだらけ不安すぎてどうしようもないけれど、子供にとっては自分が親、あなたが頼りなのです!そこであたふたしても仕方がない、そういった時に落ち着いた姿でやりすごす仕草だけでも出来れば大したものだと思いませんか?何しろ初めてだらけ、でも冷静なふりをするフリが出来るだけ「子供に不安を与えないように対処出来た自分」になるわけです。そうやって冷静な気持ちを養っていったりする事で冷静な判断が出来るようにもなるのではないでしょうか。

子供は親の背中を見て育つ

親が一生懸命な姿を見せていれば、きっと子供たちはその姿をしっかりと見て心に刻むはずです。そうやって私たちも大きくなっていったのですから。親だって間違える事も失敗することもあります。でも、一生懸命子供のために親の立場で何かを掴もうとする姿は子供から見ても成長する親の姿であり、また自分たちも成長していかなければいけない、という反面教師にもなったりするように思えます。子供は親に成長させてもらい、そして親も子供によって成長していく親子の絶妙なバランスですね!

おむつケーキとは、赤ちゃん用おむつをケーキのようにデコレーションした物です。出産祝いなどのプレゼントとして贈られます。

ブライダルフェアでおさえておきたい3つのポイント
熱効率が高い給湯器を利用することが節約につながる。