意外とラクちん?海外リゾート婚を選ぶ人のホンネ

招待客に気を使わなくて済むんです

海外リゾート婚では、出席者は家族のみか、または家族とごく親しい友人までという場合がほとんど。従来の結婚式のように、「Aさんを呼ぶならBさんも呼ばなきゃダメかしら?」とか「この二人は仲が良くないから席は離して」とか、「引き出物はセンスのいい物を選ばなきゃ!」などと、招待客にまつわるアレコレに頭を悩ませる必要がなくなります。準備が大変そうなイメージの海外リゾート婚ですが、実は打ち合わせの回数も少なくて済む場合が多いようです。

新婚旅行を兼ねて、のんびりゆっくりと

海外のリゾート地で結婚式を挙げる場合、新婚旅行も兼ねてのんびりと滞在するというカップルがほとんど。「仕事が忙しくて新婚旅行のための休みが取れない!」とお嘆きの方にも、一度で二度おいしい海外リゾート婚はオススメです。ちなみに人気のハワイでは、平均滞在日数は5泊7日。スケジュール的には到着後に打ち合わせやリハーサルを行って滞在2~3日目に挙式、その後は観光や買い物などをして過ごすようです。家族やゲストは少し早めに帰国するケースが多いので、二人きりで海外を堪能できる時間ももちろんあります。

意外と経済的?海外リゾート婚にかかる費用は

日本での挙式・披露宴では、平均70人出席で費用はおよそ350万円。比べて海外リゾート婚では二人きりの挙式の場合160万円程度の金額で済む場合が多いようです。家族ぶんの費用を負担する場合には一人当たりおよそ20万円と見積もっておけばいいでしょう。ですので新郎新婦と両家の家族10人で約360万円となり、日本で式を挙げる場合とほぼ変わらない計算になります。友人が出席する場合には、費用は自己負担してもらい、その代わりにご祝儀は辞退するというケースが多いようです。

格安の結婚式場を選ぶ場合には東山での結婚式を挙式しましょう。格安プランが充実しているので気軽に挙式できます。


結婚式のNG!これだけはしてはいけないこと

花嫁より目立ちすぎてはダメ!

結婚式に招待されたら、目一杯おしゃれして出席するのがマナーです。しかし、あまりにも張り切り過ぎてしまうと、花嫁さんより目立ってしまうこともあるので注意が必要です。まず、ウェディングドレスとかぶる白系の洋服はNGとされており、ファー素材や、露出が多いドレスも避けたほうが良いでしょう。その年のトレンドであっても、オープントゥやミュール、ブーツなどはカジュアルすぎるので、エレガントなパンプスを履くのがマナーに沿っています。

言ってはいけない忌み言葉

おめでたい結婚式では、普段何気なく使っている言葉でも、禁句とされているものがあります。別れる、切れる、壊れる、終わるなど、縁の切れ目を連想させる言葉は、忌み言葉と言われ、縁起が悪いとされています。ウェディングケーキを切る時もケーキを切るではなく、ケーキにナイフを入れるなど、配慮した言葉が使われています。スピーチを任された場合は、これらの忌み言葉が入っていないかチェックして、縁起の良い言葉と差し替えるようにしましょう。

お酒の飲み過ぎは禁物

結婚式では、素敵なお料理やお酒も、ゲストの楽しみの一つですよね。次々に運ばれてくる料理、空になったらつぎ足されるお酒と、普段より飲むピッチが上がってしまいがちですが、飲み過ぎは禁物です。酔っぱらって大声で話したり、他のゲストに絡んだりと、式を台無しにしてしまうことにもなりかねないので、節度を持って飲むように心がけましょう。御祝儀を渡したのだから、食べ物やお酒でもとを取ろうなんて考えはやめましょう。

渋谷区の南西部に位置している代官山は、オシャレなレストランやカフェなどが多く、結婚式も行うことができることから代官山での結婚式場ならステキな結婚式場がたくさんあります。


上手に息抜きして仕事を乗り切る!単身赴任先での過ごし方

その地域ならではの施設に行ってみる

単身赴任と言うのは、慣れ親しんだ街を離れて、生活の拠点がガラリと変わりますから、寂しい思いをすることもあります。独り身であればまだしも、普段、家族と住んでいるような人であれば尚更です。そんな状況においても仕事を頑張っていくためには、上手に息抜きをすることが大切です。やりたいことをやるのが一番ですが、特にないようであれば、せっかくですから、公園や美術館など、その地域にしかない施設を回ってみると、新鮮で面白いものです。

食べ歩きをして楽しむ

食べ物と言うのは、地域ごとに特色があるものです。海の幸が優れている地域や山の幸や果物が有名な地域など、色々とあり、その土地自慢の一品を食べてみるというのも楽しいものです。単身赴任を良い機会と捉えて、日本全国どこにでもあるようなチェーン店に行くのではなく、その地域に根付いたお店を回って、初めての味を楽しむのも良いでしょう。そして、食べ歩きのブログなどを書いて、元気に過ごしていることを地元の知人に情報発信してみるのも楽しみ方の一つです。

カルチャースクールに通ってみる

一人で過ごす場合、読書やDVD鑑賞など、色々と方法はありますが、いずれ地元に戻ることを考えた場合には、なるべく物を増やしたくないところです。ですから、電子書籍やインターネットカフェを利用すると言うのも一つの手ですが、ここでも、その地域ならではの娯楽を楽しむと言う考え方を取り入れてみても良いでしょう。その一つが、カルチャースクールの利用です。その地域で活躍する講師の人の所に通って、何か一芸身につけてみることで、人生の幅が広がって面白味が出るものです。

単身赴任の家具は、近年のマンスリーマンションやウィークリーマンションは既に家具が備え付けられている事も多いですので、実際に引っ越ししてから必要となった家具を買うのが引っ越しも楽に済みます。

一人暮らしの家電を検索